大枠の予算を決めてからマイホーム計画をする重要性

注文住宅で家を建てる場合、大枠の予算は必ず決めておきましょう。なんなら二重の枠を設けてもいいでしょう。第一の枠は「できればマイホームの建設費用はここまでに収めたい」という枠です。そして二つ目の枠は「どうしても妥協できないところがあるのならば、ここまでは出すことができる」という費用です。

 

そして当然といえば当然ですけれど、この枠はできることならば守るようにした方がいいです。そうでないと、住宅ローン地獄に陥るかもしれませんから。はっきり言って、住宅ローンに生活が圧迫されることは、本当に辛いというものですからね。

 

楽しい生活を夢見てマイホームを建てたのにも関わらず、毎月の返済がきつくて、そして生活費にも余裕がなくなって、毎日息苦しい思いをもってして生活をしているのでは、本末転倒もいいところでしょう。住宅ローンの返済は毎日はないとはいえ、けれどもいつだってどこかしらに不安な気持ちを抱えることになりかねませんからね。

 

「節約しなきゃローンが払えない」なんて気持ちをもって生活するのは苦しいものです。ですからこそ、家を建てる最初の段階でまずは予算を決めておきましょう。実はものすごく大事なことですから。